待望の一発。

ホームランというのは、僕のジャンルではないので

あまり意識してはいませんし、僕自身が飛ばすタイプの

選手ではないので年間にほんの数本です。

僕のように力のない選手がボールをスタンドまで運べたという事は

タイミングとメカニクスがしっかりとマッチしたのではないかと。

そうでなければ100mもあるスタンドまで飛ばせません(笑)

 

そんなわけで3連戦をスイープして、いいところで

ダメ押しの追加点の一発も飛び出したので

明日は大瀬を連れてプラハを散歩でもしてこようと思います。

 

 

 

 

Kenny

 

 

 

 Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

 

 

広告