お土産。

先日、ハンガリーのヤーノシュショモルヤ・ラスカルズから帰ってきた斗光敦也選手からお土産をいただきました。

初めて海外で1シーズンプレーしてみて、やってみなければわからなかったことやシーズン通してプレーしてみて初めて気付いたことが多々あったと思います。肉体的にも、精神的にも異文化での新しい経験が彼自身を大きく成長させたことでしょう。何よりも一番大きいのは、彼の中に新しい「ものさし」が芽生えたことだと感じています。

 

img_9949

 

日本でNPB12球団に入れる選手は野球人口の1%以下だと思います。しかし、いまの時代は昔と違って海を越えた情報も簡単に入手できる時代になり、キャリアの構築の仕方まで劇的に変わりました。海外に出たから偉いということは何一つありませんが、一人の人間としてのエッセンスとなり、人格形成にまでつながるように思います。彼もまた彼の生き方をこれからも見せてくれることを期待したいと思います。

ありがとね、ごちそうさまでした。

 

 

img_3170

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

広告