長い目で見て。

こちらも恒例のキャンプとなりました、12月末にB.B.CLOVERSとGBCの共催する小学生中心のウィンターキャンプに講師として参加させてもらいました。

B.B.CLOVERSの萩島さんのご縁でGBCには不定期ながら毎月指導に関わらせていただいています。

このキャンプでは心技体を向上させる目的があるのはもちろんですが、勝利至上主義を優先させた指導でないことが大きな特徴だと思います。

小学生の学年はバラバラの参加になりますが、学年関係なく同じようにトレーニングも行います。その中でも意識していることは、それぞれ次のステージに必要なことを今のうちに身につけるという点です。

子供のうちがゴールではないのですが、少年野球のうちから勝ちにこだわって、小さなミスも許されない「監視」の中で日頃プレーしている子が多いようです。

勝つことは喜びですし、勝敗という点では達成感は得られるかもしれません。だけどそれと同時にもっと子供世代には大事な可能性というものを勝利至上主義によって殺されていると感じます。

業界の風潮や文化、歴史を変えるほどの力はありませんが、こう行った機会でも自分が関わる子達にはもっと先にあるゴールに必要なことを伝えたいと思っていますし、海外で見て経験した学んだコーチングは勝つことよりも大切にしていることがありました。幸いなことにこのキャンプではそういった部分をとても大事にしている空間です。

次回は3月を予定していますので、このキャンプでもお会いできることを楽しみにしています。

B.B.CLOVERS

GBC

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

広告
カテゴリー: News