本当に大切なルールとはなんだ。

オーストリアにも野球が大好きな子たちがいて、

グラウンドでは大きな声で『ハイ!ケニー!』と言って

あいさつ代わりのグータッチで始まる。

僕もグラウンドで会うクラブの関係者とは、

保護者のみんなともその挨拶を行う。

この最初のスキンシップがものすごく重要だなと最近感じてる。

 

IMG_8208

 

昨日はU10の練習後にU10チームの交流会。

交流会ももちろんボールを使って親睦を深める。

 

IMG_8222

 

硬式野球ボールを扱うのが難しければソフトボールを使う。

至ってシンプルだ。

競技という側面も大切だけど、楽しむという事が根幹にあるように思う。

そこには最低限のルールのみが存在するけれども

別にルールなんてあってないようなもので、楽しめるルールで

楽しめる時間をお互いが共有していく。

そして、クラブハウスでママはママ同士の時間。

 

IMG_8221

スポーツが存在する意義をとてつもなく感じさせる。

僕は野球をやり続けてきているから、野球でしか語れないし

語ってはいけないように思うんだけど、

その野球でコミュニティーがこれだけ充実した時間と笑顔を

共有していることを野球人として誇りに思う。

 

日本から遠く離れたこの場所で、

こんなとこで野球してることを知る人は日本には皆無だけど、

情熱を持って子供を育てる一環として野球を有効利用している。

競技という側面の中で技術力の向上だけが意義ではない。

人との繋がりを築き、深める。

野球を有意義に取り組んでいるんだなって、

野球先進国で育った僕が逆に教わるシーズンだった。

 

立場がこれまでと変わり、選手として明日を掴みにいく日々だったけれど

それももちろん大切な時間で、海外に出て行く中で色んなノウハウを学ぶことができた。

今度はここの文化に自分をアジャストさせて、よりよいクラブにしていくための

一部に変化していく事が、役割なのかなと思う。

 

自分にできる事・・・。

 

IMG_8198

 

Danke

 

Kenny

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

Frastanzer

タイトルにある名前はチームのスポンサーでもあり、

関係者が働いているビール工場の名前です。

この日は大きなパーティー(感謝パーティー的な??)。

そこにVIPチケットで招待してもらったので行ってきました。

ちなみにそのチケットは、会場のどこかに無くしてしまいました。

帰ってから写真に撮って、記念に持って帰ろうと思ったのに

飲み過ぎですっかりポンコツでした・・・。

 

  IMG_8163 

 

会場はとにかく大勢の人で建物の中に入り切れない人たちも

外で立ち飲みしたり、ワイワイと賑わっていました。

 

普段はそんなにお酒は強くないのであまり飲まなくなったけど

この日はグイグイ行ってしまい、早退。

飲まれました・・・。

 

記憶があるうちの写真をいくつか。

 

IMG_8187

 

レーダーホーゼ。

この地域の伝統的な革パンというかなんというか。

借りたものが小さくて履けなかったのがちょっと残念。

 

IMG_8139

 

せめて気分だけでもと思って。

 

IMG_8184

 

すごくいい匂いがしました。

 

IMG_8186

大人の飲み方してたのに。

 

IMG_8189

そりゃこうなっちゃいますよね。

 

IMG_8188

 

この後くらいからあまり記憶が保てていないけど

やばいと思って先に帰る決断をしたのは事実です。

どこに行っても、『酒は飲んでも、飲まれるな』。

そういうことになっちゃいますね。

 

これも経験。

グラウンドの上での経験だけがグラウンドに生きるわけじゃない。

海外で結果を残すためには、その環境に適応することがまず必要。

通訳つけて、日本食用意されて、その土地で結果残すことは難しいと思う。

日本での実績なんてここでは関係ない。

ここで実績を作らなければ誰も認めてなんてくれない。

もちろん、今は役割は変わってきているけど

結果という部分では同じ。

契約書にも書いてある。

『球団はいつでもクビにする権利を持つ』

そういうもんなんだと思います。

 

選手ともチームともグラウンドではたくさんケンカもしたけど、

こうやって外で一緒にコミュニケーションできることはいい事だなと。

しみじみ。

 

残り2週間程度ですが、今年もなんとか生き残れそうです。

僕の感謝は言うだけではなくて行動に示すことを意味するので

最後までクラブの為に取り組んでいきます。

 

 

Danke

 

Kenny

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

奥の深さ。

来年からトップチームに昇格する4名。

 

IMG_8010

 

彼らのモチベーションの高さと勤勉さは、

これからのチームを引っ張っていく人材になると確信しています。

 

野球は身体能力だけでやるスポーツではなく、

分析能力、判断力、思考の深さなどで補うことのできるスポーツ。

いつまでも遠投したり、50m走で選手の能力を計っているようでは

指導力がないのでポテンシャルある選手しか扱えませんといっているようなものと感じる。

例えばダイビングキャッチ。

特に緊迫した場面でそういうビッグプレーを見るとエキサイトしますね!

だけど掘り下げて考えてみる。

ダイビングキャッチは状況判断が甘くて、ポジショニングが甘いからやらざるを得なくなる。

打者を見て、味方の投手を見て、カウント、風、

あらゆる状況を掘り下げた結果にはじき出すのがポジショニング。

それがばっちり判断できる能力を持った選手はずば抜けた身体能力がなくても

試合の中で十分活躍できる選手になる。

それは海外で戦うときにそれは自分が生き残っていく為のヒントにもなる。

 

日本でプライベートレッスンさせてもらっている子達には、

当然恵まれた身体能力の子ばかりではありません。

そういう子達をずば抜けた身体能力にしてあげることはできませんが

試合で必要とされる選手になる為のサポートはしてあげられる。

それが海外で培ってきた自分の武器でもあるから。

175cmの大きくない体でも、必要とされる術はあります。

帰国後は引き続きお手伝いさせてもらっている子達、

野球が好きで、今よりもうまくなりたいと心から望む人の

力になれたらと思います。

 

レッスンについてはこちら

 

その為にもまだまだ野球が身近にない国の選手達を指導していく中で

自分の指導スキルも上げていきたいと思っています。

 

IMG_8011

 

IMG_8012

 

季節はすっかり秋。

長袖が手放せませんが、今日も自転車で帰ります。

 

 

IMG_8013

 

Danke

 

Kenny

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.