ポテンシャルの塊。

前回とおなじくパーソナルサポートレッスンです。

こちらの選手を例えるなら、「センスの塊」というと野球経験者にはどのようなタイプか想像がつくでしょうか?身体能力が高く、できてしまうタイプの選手。

先の冬はカリフォルニア・ウィンターリーグに参加して、様々な課題に気付くことができたそうです。その課題の克服とさらなる飛躍に向けて打撃のメカニクスを確立しているところです。

原石はそのままにしていたらただの原石でしかないので、磨く必要があります。特にこの選手のパターンは、基本的なところができれば後は実戦で適応しながらできるようになっていくので勝手に磨かれていきます。あとはどこのステージで彼が満足するのか?ちいさな枠で収まらない事を今から願いたいと思います。

 

S__104398856

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

広告

2017年カリフォルニア・ウィンターリーグについて

2015年にインストラクターをさせて頂いたカリフォルニア・ウィンターリーグ(CWL)が2017年の参加者を受付中です。

 

IMG_0664

 

若いうちに経験しておくことで、その後の取り組む姿勢が大きく変わるきっかけとなるはずです。自分の経験から以下のような選手には有意義な場所になると感じています。

 

1、アメリカでプロ野球選手としてプレーしてみたい、実力を試したい!

2、オフシーズンでも実戦経験を積みたい!

3、アメリカのコーチングを勉強したい!

4、スポーツ現場のインターンとして運営や経営を体験したい!

5、日本野球界に向いていないと感じている選手

6、周りから変わっていると言われる選手

 

これに加えて、チャンスを本気で掴みに来ている人のエネルギーを感じることで、これまでの野球に対する取り組みを考えるきっかけにもなるように思います。インストラクターも現役のプロチームの監督が多くいますし、MLB関係者のスカウト、そして毎年ゲストもやってきます。例えば、今年はアスレチックスでプレーしているココ・クリスプ選手やメジャー354勝のロジャー・クレメンス投手、トミー・ジョン手術で名前は聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、トミー・ジョン手術を初めて受けたトミー・ジョン本人。「オズの魔法使い」の異名を持つオジー・スミスもゲストとして登場しています。

あらゆる面で、学びのあるこの機会に是非参加を検討してみてください!

 

IMG_1199.JPG

 

Carifornia Winter League

カリフォルニア・ウィンターリーグ 日本語サイト

 

※1 田久保賢植はCWL公認コーディネーターです。

※2 2017年は1月16日~2月13日の予定です。

 

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.