サマースクール in 香川 (LTS野球教室)

昨年以来、再び香川県にやってきました。

今回はコロナウィルスの影響で感染拡大防止の意味で飛行機や新幹線などを控え、最もリスクが少ない車で移動しました。

普段この時期には日本にいない三好コーチ(ミネソタ・ツインズ傘下、マイナー監督)と深夜に出発をして、その道中にはいろいろな話をする事ができました。

まぁ運転している私が寝るのを防ぐ意味だったと思いますが(笑)、野球界に前例のないツインズの取り組みであったり、マイナーリーグが中止になってしまって残念な事、まぁいろんな話をしながら思っていたよりもスムーズに香川へ到着できました。

香川へ来た理由は、昨年もやらせてもらいました「LTS野球教室」に通う生徒さんたちに向けた2日間の野球教室です。代表を務める山本遼太君は独立リーグ時代に同じ時間プレーした間柄でもあります。前回は現在SFジャイアンツでシーズンを戦っている植松泰良君とやらせていただきましたが、その時に会っている子たちもいたので、成長と変化を見ることができて嬉しかったです。

 

 

今回を先に総括していえば、ここにも優秀なタレントを持った子が数多くいて、特にスムーズな身のこなしができる子、バットを持たせたら自信を持って振り抜ける子、積極的に前に出てくる子、グラブの使い方が上手な子、上手なのに自信が持てない子、とにかく色々な個性に出会うことができました。

これだけ多くの個性が存在しているという事は、代表である山本コーチが色々な野球を見て、様々な子どもたちと日々向き合いながら、頭の中や価値観をアップデートしようという姿勢の賜物なんだろうと思います。

 

山本コ―チの話を聞く選手達

 

選手の良い部分、まだ発展途上な部分、どれも個性であり、オリジナリティーです。我々大人が可能性を決めつけてしまっては可能性を殺してしまうことにも繋がりかねません。そのそれぞれが持つ個性をどうマネジメントしてゲームに挑むのか?どう戦うのか?どう成長させるのか?それが指導者に必要な能力です。自分の指導スタイルに当てはめさせるのは違うと思っています。(昔はこんなのばっかりでしたが…。今もあるけど笑)

ただし、もっと年齢を重ねていたら話は別です。キャパがある程度見えてしまった段階では、キャパの中でどこまで伸ばせるかというやり方になるので、指導の仕方も変わります。もっと言えば、それでも目標をプロ野球やMLBに設定しているとすれば、選手に要求することも厳しくなります。当然です。

話が逸れましたが、今回のスクールでは守備、打撃に分けて2日間行いました。三好コーチと私で協力をして、メニューを考えて進めさせていただきましたが、選手それぞれ何か心に残るような事があれば嬉しく思います。

 

 

技術的な事もお伝えしましたが、いつも一番伝えたいと思っているのは自分の「意志」を持つことです。アメリカのプロで10年以上、指導者の仕事を続けている三好コーチとよく話すのは「技術論は枝葉であって、本当に持ち合わせていないといけないのは意志の力をどう育てるか」という事です。

この話は本当に朝になってしまうのでここでは控えますが、過去に関わった選手達、プロ野球やMLBでも活躍した人たちからの話を聞けば、結局たどり着くのは技術論ではないんですね。その前にやるべきことがあるといつも教えてくれます。

参加してくださったご家族、選手の皆様、今回もありがとうございます。そして山本コーチ、LTS野球教室スタッフさん、ありがとうございます。

またぜひ一緒にグラウンドに立てること、成長した姿を見れる日を楽しみにしています。

 

 

 

 

LTS野球教室 (香川県高松市)

 

 

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

<新規の体験レッスンはこちらからどうぞ>

https://takubokenshoku.com/lessons/

※現在、新規の方は特別価格で行っています。

<田久保賢植の経歴は以下のリンクから確認下さい>

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/田久保賢植

<レッスンを行っている施設情報>

https://www.instabase.jp/space/3722775803

※施設の貸し出し利用も可能です。

チームレッスン、講演会、その他お問い合わせは下記のメールへ

takuborian01@hotmail.com

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

BMIサマーキャンプ、無事に終了。

先日、今年2回目のサマーキャンプを無事に終えることができました。

コロナ禍で、普段とは様々違うこともありましたが、参加選手達も積極的に協力をしてくれて、心も技術も集中して成長することができたと思います。

 

 

IMG_6426

 

 

私が今回、選手達から聞いた声の中に、「キャッチボールをこういう意識で細かく取り組んだことがなかった」、「ボールを取る際にこんな考えがあったのを知らなかった」、一律して細部にこだわって普段教わっていないという事がわかりました。

 

 

 

 

 

プロになる選手の中には身体的ポテンシャルでそのままプロに行ってしまうことも少なくありませんが、長く活躍する選手はやはり細部にまでこだわっています。

以前、バットでお世話になっている株式会社白惣さんの工場に伺った時に、昔憧れだった前田智徳さんがバットに対してミリ単位でリクエストする話を聞いたことがありましたが、やはりそういった部分にまで気を届かせる選手が長く活躍する選手になっていくんだろうと思っています。

もちろん、そういった高いステージを目指すばかりでなくていいと思っていますが、やっている以上はうまくなりたいと思うのが自然ですし、だからこそこの場に集まってくれたんだと思っています。

毎回こうして各地から集まってくれた選手を見て思いますが、日本には本当に素晴らしいタレントを持った選手が数多くいます。しかし、その能力、才能を伸ばしきれないまま辞めていく選手が多くいるのもまた事実です。さらに踏み込んでいえば、意識レベルや目標設定を高く掲げる内面的成長を野球の教育現場で疎かにしているからだと思っています。

話が逸れたついでに書きますが、中学まで定期的に関わってレッスンしている選手達が高校へ行くとほとんどの選手が意識レベルを落として帰ってきます。これを選手達からヒアリングしてまとめると、毎日エビデンスのないルーティンワークで、特に指導を受けることもなく、あっという間に高校野球の2年半が終わってしまったという感じです。

そうではない選手ももちろんいて、高校野球は通過点で、その先を見据えて今何をするかという目的意識をはっきり持っている選手もいます。そういう選手は意志があり、腹が決まっています。

つまり、どんなに身体的な才能があろうと、最終的には意志を持った選手が強い選手であり、コーチングの中で一番大切にサポートしてあげないといけないことは、「意志」を育てる事だと思っています。意志が育った選手は野球を終える日が来ても、必ず次のステージでも意志を持ち、きっと活躍できる人材になると思っています。

このキャンプではこれからもそんな心に刺激を入れられる場所でありたいと思いますし、参加してくれた選手達が学びがあったと満足して帰宅の途につける場所にし続けていきます。

 

IMG_6436

 

 

12月はウィンターベースボールキャンプとして開催予定です。選手だけでなく、指導者の皆さんにも参加してもらい、いろんな考え方の議論もできたらと思っています。

最後に参加してくださった選手、そして送迎してくださったご家族の方々、ありがとうございました。また次回以降も宜しくお願いします。

 

 

※根鈴さんがお子さんを連れて参加してくださり、色々お手伝いしてくださいました。お忙しい中ありがとうございました。アラボーイ。

 

 

IMG_6409

 

 

 

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

<新規の体験レッスンはこちらからどうぞ>

https://takubokenshoku.com/lessons/
※現在、新規の方は初回無料で行っています。

<田久保賢植の経歴は以下のリンクから確認下さい>

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/田久保賢植

<レッスンを行っている施設情報>

https://www.instabase.jp/space/3722775803
※施設の貸し出し利用も可能です。

チームレッスン、講演会、その他お問い合わせは下記のメールへ

takuborian01@hotmail.com

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.