南房総市での野球教室。

毎年恒例の南房総市での中学生を対象とした野球教室に今年も講師として参加させていただきました。

今年はSFジャイアンツの植松泰良くん、千葉ロッテで活躍された荻野忠寛さん、横浜DeNAベイスターズで活躍された松下一郎くんと私を加えた4名で務めさせていただきました。

この日は置きティー使った打撃指導とボールの持ち替えを中心に中学生たちにお伝えしました。

いつもこういった大人数でのクリニックで感じますが、日本は本当に才能豊かな選手が多いです。恵まれた体格の選手、考え方、目つきなどその特徴も様々。

それを生かすも殺すも、これからの環境と取り組む姿勢、それと広い視野を持つことだと感じます。

環境を変えることは島国育ちの日本人メンタルではとても勇気がいることですが、知らなかったことを知るのはとても気持ちがいい事です。そして、変化の速いこの時代を生きていく為には重要な事です。

彼らが一つでも何か感じで持って帰ってくれたら嬉しく思います。

関係者の皆様、今年もありがとうございました。

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

広告

南房総市での野球教室。

今年もサンフランシスコ・ジャイアンツでブルペンキャッチャーを務める植松泰良君にお声がけいただき、アメリカ・プロ野球独立リーグで監督を務める三好貴士監督と共に南房総市での野球教室に参加させていただきました。

日本国内でよく行われているような内容のクリニックではこのメンツで行う特性が半減してしまいますので、3人がそれぞれ海外に出て感じたことや学んだことを中心に今年もやらせていただきました。

伸び盛りで吸収力の高い中学生が対象だった為、植松君のセクションではアジリティー系のコンディショニングを、三好さんは置きティーを使った打撃の作り方、自分の所では基礎の基礎的な考え方を説明しながらのグラブさばきを自分からはお伝えさせていただきました。

 

004

 

005

 

045

 

子供の指導に関わるときはできるだけ大人感を出さないことを心がけていて、気軽に質問してもらえるような空気感を持ちたいと思っています。そして自分もまた子供達から学ぶことも多くあるので、学び損ねないようにこれからも取り組んでいきたいと思います。

 

 

046.JPG

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.