毛呂山ボーイズ。

ちょっとしたご縁がありまして、先日に埼玉県の毛呂山ボーイズさんのグラウンドに行かせていただきました。

 

 

初めは顔出す程度だと思っていたのですが、日が近づくにつれてスキル指導をすることになりました。

次の予定があり、かなり限られた時間だったために出来る事も限定されてしまいましたが、子供達が嬉しそうに絡んでくれたのでよかったかなと思います。

外国で指導に関わった子達のように、自分から壁を作る事なく、積極的にコミュニケーション出来る事は才能の一つです。これは毛呂山ボーイズの代表や監督さんをはじめとするコーチングスタッフの方々やご家族の素晴らしい環境作りの賜物だと感じました。

野球はチームスポーツですから、一人でできないことを補い合う事でとてつもないチーム力になります。これは自分が現役の時にはそう思うことができず、ギラギラと独りよがりだった時期があるからこそよくわかります。そして、自分自身が監督や指導者を務めた経験の中でそれはより深く痛感する事でもあります。

今後の毛呂山ボーイズの活躍を楽しみにチェックしたいと思います。

 

毛呂山ボーイズ

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

ゲスト講師をさせていただきました。

先週、埼玉県にあります「Csed Baseball」さんでゲストとして小・中学生の指導をさせていただきました。

  • 股関節、肩関節の重要性
  • グラブのハンドリング
  • 置きティーで注意すべきことや期待できる効果

などをお伝えさせてもらいました。それからチェコのアカデミーでコーチをしていた時に、子供達と一緒になって盛り上がった「バランスボール当てっこ」をウォーミングアップに取り入れてみました。

 

チェコのアカデミー生達 (2015年)

 

指導させてもらう側の私も、どこでもやっているような並んで行うウォーミングアップには飽き飽きしており、子供達のリアクションと運動量を考えるとこの取り組みで良かったと思います。

 

 

今回見させてもらった中にも、今後が楽しみな選手がいました。

彼らが大人のエゴや狭い価値観に可能性を切り落とされないことを願いたいですし、しっかりと情報収集をして正しく野球が学べるところで野球を続けていってほしいと思います。

最後にこの日のために準備してくださった方々、お集まりいただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

_________________________

<パーソナルサポートレッスンはこちらからどうぞ>

https://takubokenshoku.wordpress.com/lessons/

<田久保賢植の経歴は以下のリンクから確認下さい>

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/田久保賢植

_________________________

 

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

コソッと。

現役の時にこんな場所があったら本当によかったな~と。

プレーできるチームがなくて、一人で練習してた頃は小学生の時に所属していた「大和田タイガース」のグラウンドを使わせてくれていて、アルバイトが終わればすぐにグラウンドに向かって練習してた。

暗くなればボールが見えなくなるから、時間も限られていて、ネットスローや置きティーもわずかな時間しかできずにフィジカルトレーニング中心に。

グラウンドも最近では少なくなっているような気もするし、練習場所に困る人もきっと少なくないと思います。今はレッスンで使っているこの練習場も、コソッと練習できるコソ練スペースとして貸し出ししていけるようにしたいなと思っています。

 

 

 

思いっきり打っても、投げても大丈夫。

 

 

_________________________

<体験レッスンはこちらからどうぞ>
https://takubokenshoku.com/lessons/

<田久保賢植の経歴は以下のリンクから確認下さい>
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/田久保賢植

_________________________

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

BMI SPRING BASEBALL CAMP。

昨年末に開催したウィンターキャンプに引き続き、春のキャンプも行うことになりました。

参加資格は野球している選手すべてです。

硬式、軟式、年齢、性別、すべて関係ありません。ただ今よりもうまくなりたいという想いと熱意があれば誰でも参加することができます。

同じ野球であっても、世代と経験と環境が変われば価値観が事なり、お互いに刺激を受けることが多々あります。能力があってもクリエイティビティに乏しい選手がいたり、発想力があっても技術がまだ伴っていない選手もいて、そういう選手達が同じ空間でお互いを認め合いながらプレーすることが2日間という短い期間の中でも成長していく姿を見てきています。

問い合わせ先は記載してありますが、自分に直接ご連絡くださっても構いません。

 

お問い合わせはこちら

 

今回も一人でも多くの選手が成長していく姿を楽しみにしています!

 

 

BMIスプリングキャンプ

 

【講師のメンバー】

 

講師メンバー

 

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

伸び盛り。

名前は伏せますが昨年からいくつかの高校の指導も少しずつやらせていただいています。

日本には世界的に見ると特殊なルールが存在し、アマチュア野球の方やプロ側の方から互いの歴史を詳しく知る方から話を聞いたり、調べてみたりしながらその経緯を知ろうと思って勉強しています。

先日もある高校で指導させていただきましたが、一番伸び盛りで学び盛りの時期に高校生達は興味を持って取り組んでくれて、さらに意欲の高い子は本当に吸収が早いと毎回やるごとに感じています。

昔ながらの強豪校は主に身体的なタレントを集めて、教えるのではなくて競争をさせ、上がってきたものだけを試合で使う。そんなシステムが多いように外部の人間としては感じています。このシステムでは多くの犠牲を生み、指導力があるとは言えず、いつまで経っても認知度にあぐらをかき、情報弱者がその名前につられて夢を抱き、ほとんどの選手が失望していく。そんなことが横行していると感じます。

これまではルール的な事で高校性、大学生の指導はできませんでしたが、2016年に受講したプロアマ資格回復講習を受けさせていただき、実際に現場で関わってみると意欲、ポテンシャル共に伸び盛りの年頃だと再確認できました。

経験値のある、優秀な人材(野球ができるだけではダメ)がもっとこの可能性の市場に参入することで、きっと選手も現場もハッピーになれる状況を作り上げられるのではないかと思いました。

 

2e28a9ac8b65bede6bfea28796e3400f_t.jpeg

 

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.