プラハでの日本人会によるソフトボール大会。

ブルノでのサマーキャンプを終えて、すぐさまバスに乗って

向かった先はプラハ。

 

ブルノでお会いした日本人の方のご紹介で

今回のプラハでの日本人会によるソフトボール大会に参加させていただきました。

 

IMG_5695

 

 

 

 

 

 

 

こんなに日本の方がチェコにいるとは思いませんでした。

全て日本人中心の18チームが集結していたので、

200名以上の日本の方がいらっしゃったと思います。

本当に僕にとっては不思議な光景に遭遇した気分になりました。

場所は国際大会でも使われるプラハ・イーグルスの球場でしたので

そこであれだけの日本語を耳にする事を想像していませんでした。

 

それにしても今回改めて野球経験者、未経験者含めて

日本の方の動きを見ていましたが土台がキッチリできていますね(笑)

野球・ソフトというスポーツが染み込んだ国民なんだと再確認でした。

だからこそ、野球界の人材ももっと外に出ていくべきだと痛感します。

国内で完結する野球は一国を反映させたとしても、結果として

国際大会であるオリンピックから競技が消えました。

今になって焦ってドタバタと視野が狭いながら普及的活動をしていますが

これでよかったのではないかと思います。

時代の流れは止まりません。

誰かの思惑だけでは止められないポイントまで来ています。

視野がわずかでも外に向いたことがきっといい方向に向かうと信じています。

 

そんなわけで、グラウンドでは好プレーやハツラツプレーもたくさん見ることができて

楽しい一日を過ごすことができました。

 

IMG_5734

 

 

 

 

 

 

今回一緒にプレーさせてもらったGASTONのメンバーの皆さんと

試合後はプラハ市内のレストランに移動して打ち上げ。

 

IMG_5708

 

 

 

 

 

 

 

楽しいお酒でした。

いただいた景品も貴重な日本語のUCC!

 

IMG_5744

 

 

 

 

 

 

 

さて、3週間のリーグホリデーもこれでおしまい。

プレーオフへ生き残りをかけての試合が続きます。

忙しい日々が続きますが、強い気持ちを持って取り組んでいきたいと思います。

 

 

IMG_5722

 

 

 

 

 

 

 

TEAM GASTON!!

 

 

Kenny

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

 

 

 

 

 

 

 

ドナウカップを終えて。

週末に過ごしたウィーンでの時間も終えて、

ブルノへ戻ってきました。

前回のブログでも書きましたが、ドナウ川を囲うオーストリア、

ハンガリー、スロバキアの3カ国での国際大会のドナウカップ。

無事に2勝して優勝という結果で終えることができました。

 

http://www.baseballaustria.com/news.php?IDNews=1967

 

スロバキアで登板したのはチームメイトのBosanskyが登板して、

チェコでも好成績を残しているだけに苦戦することも予想していましたが、

しっかりと彼の特徴を理解して、早めに攻略することができました。

 

試合後はHrosiの仲間で。

IMG_5469

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は大切ですが、今回は来月にウィーンで行われる

チャンピオンシップに出場する最終メンバーを決める事。

僕はABLのシーズンを見ていないので、スタッツがどうとかいう事よりは

打撃のメカニクス、守備での動き、走塁への意識、気持ちの強さ

などを重点的にこれまで見てきました。

様々な情報を交えて議論を深めて、最終的に来月の本選を戦うメンバーを

選び出しました。

 

http://www.baseballaustria.com/news.php?IDNews=1966

 

どんな決断であったとしても、すべての人が納得するような答えなんて

存在しないし、それを恐れて決断できないようでもダメだ。

何かを決めた結果には必ず批判と称賛がつきまとう。

それはどんなケースでもきっとそうだと思う。

だけど、僕らは自分達が信じた決断を遂行するべきだし、

また外野の声にぶらされてもいけない。

外野を黙らせたかったら結果を出すしか方法を知らない。

それをまたエネルギーに変えて、やっていくしかない。

 

ここからは個人的な事ですが、少しだけ自分と重なる部分があったので。

争い事はできるだけ避けたい。

自分がこうだと思ったら、こうだと突き進んできたつもりだったけど

いつしか振り返ってみると、

ただ単純にまっすぐにぶつかろうとしなくなったかなと感じる。

ぶつかっていく事はとにかくエネルギーがいる。外野の雑音に対してもそう。

ぶつかっていく事から流していくようになったなと。

大人になったという言葉を使っていいのかわからないけど

変化はしたように思う。

少しだけ自分の変化と向き合ってみようと思います。

 

そんなわけでもうすぐ7月。

早いものでチェコに来て3か月。

またこういう形で帰ってくるとは思わなかったチェコ。

予想しないことが毎年起こるけど、悪い事ばかりじゃない。

今年は特に早い。

それについても考えてみよう。

 

 

IMG_5501

 

 

 

 

 

 

 

 

Kenny

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待望の一発。

ホームランというのは、僕のジャンルではないので

あまり意識してはいませんし、僕自身が飛ばすタイプの

選手ではないので年間にほんの数本です。

僕のように力のない選手がボールをスタンドまで運べたという事は

タイミングとメカニクスがしっかりとマッチしたのではないかと。

そうでなければ100mもあるスタンドまで飛ばせません(笑)

 

そんなわけで3連戦をスイープして、いいところで

ダメ押しの追加点の一発も飛び出したので

明日は大瀬を連れてプラハを散歩でもしてこようと思います。

 

 

 

 

Kenny

 

 

 

 Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.