失敗をするべき。

今週もパーソナルでのレッスンを行いました。

 

s__85639180

 

s__85639179

 

いつも日本人への指導を行う時に感じることは、失敗を恐れるあまりにスイングをせずに当てにいってしまう傾向がとても強く感じます。海外で指導するとき、特にU8世代からU15世代の若年層は当てることよりもしっかりとスイングをする子が多いです。むしろボールが俺の振ったところに来い!というような(笑)。これはヨーロッパでも同じことが言えます。

この原因が何であるか自分なりに考えたところ、失敗に対して寛容であるかどうかの違いにあると感じています。日本の現代社会はリスクマネジメント精神が先走り、いつしかチャレンジすることがネガティブな要素ばかりのように捉えられています。ソフトバンクの孫正義社長やiPS細胞で有名なノーベル賞の山中教授が以下のリンクのニュースで話している通り、失敗に対して過敏でない国に出ていって、チャレンジをして失敗の中から学べという意味が込められているように思いました。

 

孫社長、山中教授が檄「若者はすぐ渡米せよ」

 

 

さて、体験のお問い合わせもいただいた方、どこをどうしたらいいか悩んでいる方はぜひ一度ご参加いただければと思います。どんどん失敗できる環境づくりをしていきたいと思います。

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

考える力。

日本の野球は世界の野球のマーケットに比べると年俸にしても、環境にしても、すべてにおいて恵まれている国です。これまでの発展には野球界に関わってこられた先輩方の多大なる努力によって築き上げられたものであり、野球人としてその感謝を忘れてはなりません。

しかし、恵まれているが故にその弊害として多くの野球選手にはグラウンドの上で考える力が乏しいように感じます。野球だけやっていればいいというような風潮があり、恥ずかしながら自分もそうでした。現場では練習メニューが決められ、流れ作業の中で腰を落とせ!肩を開くな!声を出せ!などの抽象的な指導の声がグラウンドに響き渡り、考えるスキを与えません。これだけに収まりませんが、あえて選手に考えさせないようなところもあるように思います。

自分が見ている選手達にはその弊害を埋めるべく、指定した本を読んでもらって、その感想文を書いてもらっています。その意図としては、野球がうまくなりたいと誰もが思いながらも、野球は多くのやるべきことがたくさんあります。これもやらなきゃ、あれもやらなきゃと目標設定が曖昧になり、抽象的になっていきます。そのため練習がルーティン化され、目的意識も徐々に薄れていきます。

自分のしっかりとしたビジョンを持ち、実現するための方法論を考えて見つけ出し、それを実行に移す。そして必要があれば修正する。ここの根幹をぶらない考え方を身につけてもらいたいと読書を通じて学んでもらっています。

野球は考える力で身体的なマイナスも補えるスポーツですから、メディアでも報道され始めているWBCでも選手だけの力でなく、ブレーンの役割を果たす人たちの力も大きく影響してくると思います。

 

img_3268

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

学生野球資格の回復について。

昨年12月、教員資格を持たない独立リーグ出身者として学生野球資格回復研修を修了し、公益財団法人日本学生野球協会の適正審査を受けて、2月7日付で学生野球資格を回復致しました。

これによって高校生や大学生への指導を行う事が出来るようになりました。

成長意欲も高い世代への指導が可能になる事で、微力ながら自分の経験値がお役に立てれば幸いです。

今後とも宜しくお願い致します。

 

学生野球資格回復者一覧

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

身体の小さな選手へ。

新しくレッスンをさせていただく選手との話の中でこんな言葉が出てきました。

 

『身体が小さいので・・・。』

 

自分自身も身体のサイズを言い訳にしてしまいそうなときは何度もありました。もっと身長があればパワーもあって、もっとパフォーマンスできるのにと思いたくなる瞬間もありました。

しかし、世の中を見渡せばすべてが不平等です。生まれてきた環境も違い、裕福な家庭で高い教育を受けた子もいれば、必要な学校教育を受けずに大きくなった人も世の中には存在します。日本語しか話せない日本人よりも英語を元々使う国の方がもしかしたら有利なこともあるかもしれません。「たら」、「れば」を上げたら本当にキリがありません。

そういうのをひっくるめて、それでも野球しているのは自分の選択であって、意志が存在しているはずです。そう考えると現状に悲観している余裕はなくて、マイナスをどうやってプラスに変えていくか?そう考えた方がポジティブで前向きで、生産的です。

今で言えば、身体が小さいことで様々なポジションを守ったり、色んな打順を打たせてもらったり、控えに回ることもあったおかげで、相手と共感できる引き出しを多く持つことができました。その時のベストを尽くすことで、必ずその経験が役に立つときが必ず来ます。

 

dsc_2599

 

この映像に出てくるホセ・イグレシアス選手は、自分が2012年から内野手をやる機会が増えて、フィジカルで外国の選手に劣る自分が生き残るためのヒントを与えてくれた選手です。肩が弱ければ早くボールを放せばいい。形よりも結果が優先される舞台には、その舞台での戦い方があるはずです。

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

トレーニングセッション。

大学生と中学生のトレーニングセッション。

この春から高校に舞台を移す球児にとって大学生と同じメニューをこなすことは、きっといい免疫になるはずです。高校に入ったらどんな日々が待ち受けているのか?既に高校3年間を終えている先輩の話は為になることばかりだと思います。

フィジカルレベルの差を感じることはもちろんですが、話を聞いて気持ちの部分でも次のステップへの準備ができるというのは大きなアドバンテージになると感じています。

自分自身もまた彼らから刺激をもらって、目標は健康維持ですが運動していきたいと思います。

 

 

s__84148231

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

 

パーソナルサポートレッスン。

Facebook限定でレッスンの内容などを記してきましたが、今後こちらにも記していきたいと思います。

現在は千葉県内を中心にパーソナルで野球選手としてのスキルアップからシーズン通しての明確な目標設定の仕方、モチベーション管理などを行っています。チームに対して行うクリニックにも呼んでいただいてやらせていただくこともありますが、個々の要求に対して伝えたい意図をきちんとお伝えするには少数制のスタイルがベースであるように感じています。

性別、人種、性格、育った環境によって指導の仕方も変わりますし、伝えるときの表現の仕方も変わるように自分は思います。コミュニケーションの中でいち早くそれを察知して、それぞれに合った形を見つけ出しながらこれからもやっていきたいと思っています。

 

s__83812354

 

そしてこの日は大学生のレッスン。甲子園にも出たことある名門卒でありながらも打撃の作り方、ロジックを学んだことが無いというところの理解からスタートしています。まだ数回程度ですが、吸収しようとする意欲が高いので飲みこみもとても早いです。次回の彼の成長具合もまた楽しみです。

 

パーソナルサポートレッスンはこちらから

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

南房総市での野球教室。

今年もサンフランシスコ・ジャイアンツでブルペンキャッチャーを務める植松泰良君にお声がけいただき、アメリカ・プロ野球独立リーグで監督を務める三好貴士監督と共に南房総市での野球教室に参加させていただきました。

日本国内でよく行われているような内容のクリニックではこのメンツで行う特性が半減してしまいますので、3人がそれぞれ海外に出て感じたことや学んだことを中心に今年もやらせていただきました。

伸び盛りで吸収力の高い中学生が対象だった為、植松君のセクションではアジリティー系のコンディショニングを、三好さんは置きティーを使った打撃の作り方、自分の所では基礎の基礎的な考え方を説明しながらのグラブさばきを自分からはお伝えさせていただきました。

 

004

 

005

 

045

 

子供の指導に関わるときはできるだけ大人感を出さないことを心がけていて、気軽に質問してもらえるような空気感を持ちたいと思っています。そして自分もまた子供達から学ぶことも多くあるので、学び損ねないようにこれからも取り組んでいきたいと思います。

 

 

046.JPG

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

 

「クリスマスベースボール2016 in 八千代」を終えて

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
タイトルにありますイベントですが、昨年にこのブログでもアナウンスさせていただきました。

当日は自分の出身チームである大和田タイガースや指導させてもらっているGBC流山の子達も参加してくれた中で、監督としてお手伝いをさせていただきました。

入場曲があったり、プロの球場アナウンス、本格的な審判がジャッジを振るという素晴らしい環境の中で、子供達も大いに楽しんでくれたことと思います。

そして、自分としては子供達に普段経験していないポジションであったり、チャレンジでピッチャーしてもらったり、結果は度外視で楽しんでもらうことにフォーカスしました。

競技スポーツとしてだけでなく、世界では生涯スポーツとして野球に関わる人もたくさんいます。

日本が野球というスポーツを改めて再考するきっかけになるようなイベントでした。

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

クリスマスベースボール2016 in 八千代

私がお手伝いをさせていただくイベントのご紹介です。

 

s__81182722

 

AMに少年野球の試合、PMは大人向けの試合が予定されております。対戦チームが決まっているわけではなく、試合したい人たちでチーム構成を当日にしますので、個人でも参加申し込みができます。私の方に事前にお知らせいただくことも可能です。

AMの少年野球の試合では私が一日限りの監督を務めさせていただき、子供たちにも楽しんでもらえたらと思います。また試合の中で子供達には本格的なアナウンスでコールしてもらったり、入場曲があったりとプロ野球選手さながらの気分を味わうことができるので、いい思い出となるはずです。

野球の楽しさを再発見してもらえるような一日となるように、自分も頑張りたいと思います。

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

 

 

 

学生野球資格回復研修会。

学生野球資格回復の為、3日間の研修会を終え、無事に修了しました。

参加者にはNPBでも活躍された選手や指導者の方々がいらっしゃいました。独立リーグ経験者でもこれを受講することによって、学生野球の現場に立つ可能性が生まれることになります。これに関して、独立リーグ関係者の皆様の多大なるご尽力と積み重ねのおかげであるのは間違いありません。さらにプロと学生野球には悲しい歴史が存在し、関係が断絶された時間がありました。これを繰り返さないようにとお互いの組織が時代背景もありながら、前向きにこの国の野球界をより発展させようという意図の元、この取り組みが実現されたとの説明も受けました。

この3日間の中で、起源となる歴史やプロ野球、学生野球、異なる目的によってすれ違いを生んだ時期もあったかとは思いますが、この島国の周りではMLBの取り組みによって、急速に野球文化の拡大、競技レベルの向上が進んでいます。実際に私がプレーしていたチェコ、先日の強化試合の相手であったオランダなどにはMLBアカデミーが存在し、若いタレントに英才教育を施し、マイナーに送り込んでいます。

自分の視点から感じることは、日本は個人レベルがその土地に野球という種を蒔き、それを実際に育てているのはアメリカ野球のような印象が、他の国々の野球の現場に触れてみるととても強く感じます。

そして研修中の資料にもありましたが、野球人口は確実に減っており、もしかしたら野球が国技と言われなくなる日が来てしまうかもしれません。野球関係者には信じ難いようなことが現実となっています。そういった背景があるとはいえ、今まで活用されなかった人材を生かそうというこの取り組みは素晴らしい取り組みだと思います。

この制度作りに関わった全ての人に感謝をして、すべての野球ファンにとってこの制度がポジティブなものになるようにと願っています。

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.