体験レッスン。

先日は新しく体験レッスンをさせて頂き、投球動作や打撃動作、簡単な身体のテストをしてもらいました。

実際に起きていることを映像にし、それをエビデンスとしてこれからどうやって改善していくか?そしてただうまくなるだけではなく、きちんと今後の指針とどういう選手になりたいのかなどをヒアリングして優先順位を明確にします。

基本的に、野球界では大人が基礎というものをあいまいな状態で教えていることが多いので、次世代の子供達も基礎に対する考え方が曖昧です。それによって迷ったり伸び悩んだ時、技術的に立ち返る場所がなくて余計に悩みは深くなっていきます。

野球シーズンも後半戦に入っている中、来シーズンへのスタートは既に始まっています。

そんな悩める野球選手達の力になりたいと思います。

 

S__111067160

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

 

広告

Sky high!

コンディショニングを中心に行ったレッスン。

ある程度の動作獲得をしたポイントから、飛躍的にパフォーマンスを上げるにはフィジカルレベルを上げることが絶対条件です。今だにウェイトトレーニングなどに賛否があることは残念でなりませんが、野球選手として上のレベルを目指し、自分のポテンシャルを超えてくためには必要なことです。

それであっても、メジャーリーグを見ていればわかると思いますが、圧倒的なフィジカルの差を感じずにはいられません。例えばショートが逆シングルで深い位置からのスローイングは残念ながら今の日本人選手では真似ができません。。。そういう教育を受けてきていないのと、その発想力を殺されてしまっているからこそだとは思いますが。

ただパワーがあるからではなくて、技術の上にフィジカルが追いついているからできるプレーだと思います。外国人選手はトレーニングの意識が高く、生活の一部になっている選手も多いほどです。レッスンで関わる選手たちには、フィジカルに関しても高い興味と必要性を感じてもらいたいと思います。

 

S__109789188

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

 

 

 

インドアファシリティー。

まだ少し狭く、施工途中ではありますがインドアファシリティーが使えるようになりました。

主にティー打撃、フロントトス、トレーニング関係は夜でも安価で使えるので秘密特訓などで是非ご利用ください。(レッスンでの利用は無料です。)

さっそく昨日は中学生の打撃中心のレッスンを行いました。一人で電車を利用して都内から八千代まで来てくれました。中学生とは言えないほどのスイング技術を既に持ち合わせており、頭の中も柔軟で理解力が高く、教えたこともすぐに体現することができます。それだけもうすでに多くの時間を費やしてバットスイングを通してバットとしっかり会話している証拠なんだと思います。

明確な目標が彼自身の成長を早くしているのだと感じますし、目標の大切さを改めて私自身も教わることができた時間となりました。

 

 

S__109559838

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

欲する気持ち。

『BMI SUMMER BASEBALL CAMP 2017』を静岡県伊豆市にある修善寺グラウンドで行いました。

 

IMG_6241

 

ここのグラウンドを管理するスタッフの方々はいつも柔軟に対応して頂きまして、毎回ありがたく使わせていただいています。急なゲリラ豪雨で1日目はグラウンドが使えなくなってしまいましたが、別のところの体育館を使わせてくださって、参加してくれた選手達にもいいトレーニングをさせてあげることができました。ありがとうございました。

また、日頃レッスンで見ている選手達がほとんどでしたが、人数も多くていつものパーソナルとは違ったメニューを通して新しい課題と成長の兆しを見ることができました。自分が特に大切にしているコミュニケーションを選手同士がお互い積極的に図っていたところも良かった。一番年上が21歳、下が14歳だったことも良かったのかもしれない。

 

IMG_6176

 

 

夜は初めて利用させてもらう宿。全員が入る一つの大きな部屋で、歳の違う選手達が楽しく会話をしながら夕食を取りました。その後は動作を撮影したビデオを見ながら話し合い、サンプルとなる映像をYouTubeから引っ張ってきて少しでもうまくなりたいと意志が伝わってくるほど熱心に学んでくれていました。頭でイメージできたあとは、早くグラウンドに出て試したいと深夜にも関わらず、みんなギラギラとしていました(笑) いい傾向だと思います。

2日目はその高いモチベーションを保ったまま、それぞれが練習に打ち込んでいました。そんな彼らの姿を見て、指導者がやらせなくてもやるようになるのだと改めて感じました。そういう時間こそ早く過ぎてしまうもので、あっという間の2日間でした。田久保、森田の2名で今回はコーチさせていただきましたが、ウィンターキャンプにはまた指導力の高いコーチが加わると思いますので、また楽しみにしてもらいたいと思います。

 

IMG_6207

 

参加してくれた選手、そして預けてくださったご家族の皆様、今回もありがとうございました。

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

レッスン生達と野球観戦。

普段、グラウンドなどでレッスンをさせていただいているレッスン生達と共に西武ドームに野球を見てきました。

 

037

 

試合のスケジュールなどで、来れなかった子も多くいたのですが、また次回以降に検討したいと思っています。

今回は西武ライオンズ対ソフトバンクホークス。

西武ライオンズで通訳を務めている友人の町田君のご協力の元、今回の企画が実現できました。本当にありがとうございました。

 

IMG_5910

 

試合前のバッティング練習中にはベンチまで通していただき、なかなか入ることのできない場所からメカニクスの確認などをさせてもらう事ができたことは、とてもレッスン生達にとって大きな経験になってくれたことだと思います。特に、プロの選手だからとすべてがパーフェクトなわけではなく、今シーズンの成績と照らし合わせながら、なぜ数字が残るのか?なぜ残っていないのか?その原因がどこにあるのか?様々な議論を交わしながら見学させていただきました。

そしてソフトバンクといえば恒例のバンデンハークも。

 

039

 

試合の方は展開が早く、締まったゲーム。西武が好調な要因はコンディション管理が比較的上手なところなのかなとグラウンドを見ていて感じました。ブルペンワークもとても円滑で無理なくスムーズでした。

今回来れなかった子たちも、またスケジュールが合えば一緒に来てみたいと思います。

 

IMG_5922

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

ポテンシャルの塊。

前回とおなじくパーソナルサポートレッスンです。

こちらの選手を例えるなら、「センスの塊」というと野球経験者にはどのようなタイプか想像がつくでしょうか?身体能力が高く、できてしまうタイプの選手。

先の冬はカリフォルニア・ウィンターリーグに参加して、様々な課題に気付くことができたそうです。その課題の克服とさらなる飛躍に向けて打撃のメカニクスを確立しているところです。

原石はそのままにしていたらただの原石でしかないので、磨く必要があります。特にこの選手のパターンは、基本的なところができれば後は実戦で適応しながらできるようになっていくので勝手に磨かれていきます。あとはどこのステージで彼が満足するのか?ちいさな枠で収まらない事を今から願いたいと思います。

 

S__104398856

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

一時帰国中に。

今回のパーソナルサポートレッスンでは、アメリカの大学から一時帰国中の清水くんに投球動作改善を行いました。

アメリカで重い負荷のトレーニングを真面目に積み重ねたおかげでかなりの筋量をすでに備えています。しかし柔軟性が追い付いていないことが原因でケガも経験し、メカニクスの安定性に欠けているという状態でした。

いきなり柔軟性を爆発的に変化させることはできないですし、本人が一生懸命に現状を打破したいと投球動作を繰り返してきているので、今回は打撃の動きの中からポイントを覚え込んでもらいました。

 

S__104497154

 

動きにクセや習慣が染み込んでいる場合、その中で変化をもたらすことは困難なので、視点を変えることが有効です。

また日本人という国民性は他国に比べて何かにつけて真面目にとか真剣にという言葉が好きで、それが野球の中でもマイナスに働くことがあります。動きは「静」ではありませんから頑張り過ぎるとロスが生じます。ですから「抜く」ことを体感してもらいました。

次回のレッスンでは、進化を期待したいと思います。

 

S__104398857

 

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

県外の出張レッスン。

この日は県外にて初めての子を含めた複数の小、中学生のレッスンを行いました。

今回は5人の子供達に対して、技術指導、カウンセリングをさせてもらいましたが、話を聞くと自分のような役割がやはり必要であると改めて感じさせられました。

チームではチームとしての戦術、協調性を求めた取り組みが主となり、時間的にも個々の能力を底上げするような指導ができる時間や専門家が少ないのだそうです。

例えば正しいメカニクスであっても、必要な筋量がなければパフォーマンスに直結できない事もあります。原因の根本が何であるかをきちっと分析できない限り、次の一手をどうするかは正確に判断できません。

『肩を開くな』、『上から叩け』、『正面に入れ』など野球界には聞こえのいい言葉が蔓延していますが、指摘止まりが非常に多いです。そういった時に、チームとは別に時間を設けて適切に伝える役割も大切であると以前よりも強く思います。

今回見させてもらった5名の子達もほかの子と同じようにそれぞれ長所、短所がありますが、どちらもその子の個性であって魅力なので大切にこれからも向き合ってほしいです。自分はアシストしかできませんが、どんどん活用してもらえたらと思います。

 

IMG_3662

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

 

 

頭の中を鍛える。

この日のレッスンは身体を使った技術練習ではなく、頭を使った考え方レッスンを行いました。

テーマはこちらです。

 

C123DC73-3B2F-4220-A9E9-7B592A222487

 

具体的な内容は控えますが、野球は数字がつきまとうスポーツです。打者であれば1打席1打席に全身全霊を注ぎ、結果を出しに行くのは当然だと思いますが、それでも10割バッターなど存在しません。ロングシーズン戦えばある程度の数字に収まってくるのが野球です。日本では公式戦とはいえ大学のリーグ戦でも年間で30試合以下、社会人野球や高校野球に関してはトーナメント戦のみ。本当のリーグ戦を経験できるのは国内ではプロ野球、独立リーグくらいなものです。そこの弊害に関しては今回は触れませんが、プロ野球で活躍するところまで目標に立てるのであれば、その数字の残し方、情報収集に比重を置く打席、絶対に結果を残さないといけない打席などを自分で把握していなければなりません。

年間シーズンですべての試合がコンディション良く迎えることはなく、ベストコンディションで迎えられる試合の方が圧倒的に少ないものです。技術的なスランプに陥ることもあるでしょう。それでもある程度の数字を残す為の考え方があります。そして達成不可能な目標を立てて、いつまでも追いかけていては目標設定する意味がありませんから、シーズン中に微調整を加える必要もあります。

現実味のある数字目標の設定方法、その細分化、微調整、そんなところを伝えながらあっという間の時間でした。改めて野球は頭のスポーツだと認識してもらえたと思います。

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.

 

メジャー史上最高の投手を知る。

パーソナルサポートレッスン(PSL)と称して、小学生から大人までを対象に野球レッスンをさせて頂いておりますが、投手を指導することもあります。最近に関して言えば投手の方が多いかもしれません。。。

私は元々野手がメインの選手でしたので、投手としての実体験をお伝えすることはできませんが、投手も打者も基本メカニクスに大きな変化はありません。細かい枝葉の部分まで掘り下げると微調整はあるもののベースとしての考え方は同じです。

そして、自分自身が投手経験が少ないため、打者サイドからの目線で投手を知るために色んな国で出会った投手、ピッチングコーチ、指導者の声をとにかく積極的に聞いてきたつもりですが、それでも引き出しを多く持っていたいので、自分なりにも勉強を続けています。

その中で、レッスン生にも読んで一緒に勉強してもらっている本のひとつをご紹介したいと思います。

 

BDE47A0B-0BF0-49AD-8C2C-DEB31EB30BAF

 

「ノーラン・ライアンのピッチャーズバイブル」

 

ノーラン・ライアンはメジャー史上最高の投手と言われ、7度のノーヒットノーラン、8度のオールスター出場、5714個というメジャー歴代最多奪三振記録を持っている野球殿堂入りの大スター選手のひとりです。

そしてこの本の中には投手としてのコンディショニングから投球メカニクス、食事、メンタルの部分にまであらゆる情報が記されています。選手自身にあったものを見つけ出すのが大切な自分の役割なので、選択肢の一つとして参考にすることもあります。

現役の投手は特に必読の一冊です。

 

 

Copyright (C) takubokenshoku.com All rights reserved.